11月 272017
 

JSA pims がバージョンアップされ Ver5.0になっていますが,今までのJSA patchは Ver4.0までの対応でした.今回,北新東病院 麻酔科 中村 功 先生から,Ver5.0に対応したファイルをいただきました.JsaPimsPatch2016.zip に置いています.

詳しくは添付のjsa2016対応.txt を参照してください.

1月 032017
 

2016年10月30日に札幌で行われた歯科麻酔学会で,paperChartワークショップが行われました.小長谷先生をはじめ,明海大学の先生方には大変お世話になりました.
その時に使用した抄録集を小長谷先生から提供いただいていたのですが,ファイルサイズの関係でアップロードできていませんでした.FTPからブログのディレクトリに直接ファイルを転送したところ,ダウンロード可能となりました,
こちらからからダウンロードしてご使用ください.

7月 022015
 

生体情報モニター フクダ電子 DS-8500 を paperChart で使用する際に,
“このバージョンの通信手順には対応していません.”
と表示され,通信できない場合があります.

最近,DS-8500 通信API バージョンが上がったため,上記症状が発生します.

対応策として,/CONF/Monitors フォルダ内の dynascope.txt ファイル
260行を過ぎたところに,バージョンをチェックする部分があります.

version_matrix
{
// モニタコード/バージョン = パケット番号/パケット長(除checksum)・・・;
… 途中 略 …
6/0 = b2/152 ; //7200
7/0 = b3/156 b4/30 ; //7000
8/1 = c2/286 c1/34 bb/30 bd/196 bf/114 ; //8500
}

最後の行 8/1 = c2/286 c1/34 bb/30 bd/196 bf/114 ; //8500 をコピーして
8/2 = c2/286 c1/34 bb/30 bd/196 bf/114 ; //8500
という行を追加すると動作します.

バージョンアップにともない,データ項目の追加や変更が行われている
可能性がありますが,現在のところ確認されていません.

新しいバージョンの DS-8500 を使用する場合は,上記設定で対応してください.

また,動作した/上手く動作しなかった,いずれの情報でも構いません.
動作状況を管理人宛に教えていただけると助かります.

よろしくお願いします.

1月 082015
 

paperChart.net 管理人の斎藤です.
随分久しぶりの投稿となります.
長い間情報提供ができなかったことお詫び申し上げます.

昨年管理人は 南岡山医療センターから 岡山労災病院に転勤となりました.
以前より多くの症例をpaperChartで扱うようになったため,
気づいたことを含め,小さな事でも情報提供してゆければと思っています.

本年もよろしくお願いします.

11月 012012
 

株式会社アイ ティ・イニシアティブ(iti) から paperChart 紹介記事の依頼を受け,管理人斎藤を含め,広島総合病院麻酔科中尾先生,東京医科歯科大学歯学部歯科麻酔科小長谷先生の3人で紹介文を書きました.臨床麻酔学会で配布予定だそうです.
紹介文は,特定の企業のためではなく,より多くの方に paperChart の魅力を伝えるためのものです.本サイトにもアップしています.参考にしていただければ幸いです.
また,paperChartについて,紹介記事を書いてくださる方は,随時紹介文にアップしてゆきますので,是非ご協力お願いいたします.

6月 142012
 

随分ひさしぶりの書き込みとなりました.南岡山医療センター麻酔科斎藤です.

6月7日~9日にかけて,麻酔科学会 第59回学術集会が,神戸で開催されました.paperChartを実際に使用している方々とお話しすることができたことを,大変うれしく思います.
paperChartを麻酔記録として利用している施設の発表として,お二人の先生から,発表原稿のPDFファイルを提供していただきました.私の発表も含めて,以下に3題のPDFファイルをアップしておきました.

P1-58-5 当院における麻酔記録システム フリーソフト paperChartの導入経緯と運用,問題点,今後の展望について
半田市立半田病院麻酔科 祢宜田武士先生 他

P1-58-6 PaperChart の機能拡張性
長野市民病院麻酔科 小野晃市先生 他

O05-5 自動麻酔記録ソフトウェアpaperChartを活用するためのプログラム開発
南岡山医療センター 斎藤智彦

以上,参考にしてください.

SEあるいはプログラマで,私の発表に関して興味のある方は,斎藤宛にメールをいただければ,可能な限りお返事をさせていただきます.

9月 302011
 

私が言うまでもないことですが、paperChartの凄いところは、機械音痴の麻酔の先生でも使いこなせるところにあると思っています。私どもの施設では簡単なマニュアルを作ったのですが、それすら最近いらなくなりました。

”まず麻酔記録のアイコンをクリックして、とにかく開始ボタンを押してくれればいいです。” 初めはそれだけで十分です。

越川先生は”おばちゃん看護師さんのやることを見て、操作方法を考えた”といっておられました。なるほど・・・・納得です。

薬剤記入欄もかなりの工夫があります。かなり複雑な投与しても、きれいに見やすく記載されています。これにも越川先生の工夫が詰まっています。連立2次不等式の解を求め適切な位置になるように設計されているのだそうです。そんなこと気にしないで我々は使っていますが、他のメーカーのものはこのような工夫がなされているものはあまりないと聞いています。でもこれはカルテとしてとても大事な点だと思います。このような発想は麻酔医でなければ生まれてこないのだと思います。

9月 262011
 

麻酔DLに本サイトの情報をアナウンスしました.

このサイトはブログ形式をとっていますので,現在のところ,このサイトを閲覧していただいている皆さまは新しいテーマで発言していただくことが出来ませんが,各ブログメッセージの右端に表示される Response の部分をクリックして,コメントを記述することが出来ます.是非,ご意見をお願いします.

コメントは私たち管理人が確認した後に掲載されますので,若干のタイムラグがありますがご了承ください.原則すべてのコメントを掲載しますが,ブログに対しては,スパム書き込みが多いためこのような形式としております.

またメーリングリストも,現在の所手作業でメンバーを登録しております. 希望の方はadmin@paperchart.net まで連絡お願いします.

 

管理人 南岡山医療センター麻酔科 斎藤 智彦

9月 242011
 

paperChartは現在のところ本当に使いやすく、どのメーカーのものよりも優れているのではと確信している一人です。

皆さんと一緒に問題を解決していけるように努力していきたいと思います。

PCを扱いなれていない麻酔医でも、何とかセットアップしして使えるように、様々な立場で支えあっていけることを望んでいます。

できれば敷居をなるべく低くして、そして更なる発展を目指すために、みなさんのお力をお借りできたらと思います。

また作者の越川先生のお考えになっていたことなども折に触れてお話できればと考えます。

よろしくお願いします

東京医科歯科大学歯学部歯科麻酔科

小長谷 光