10月 212016
 

Windows10 が発表されて,1年以上経ちました.
paperChart の Windows10上での動作についてですが,
paperChart は,Windows10 32bit,64bit 版いずれのOS上でも安定して動作します.
今までと同じ設定で構いません.

学会などで,私の周りの方々には,Windows 10 での動作をお伝えしていたため,当サイトでのアナウンスが遅れてしまい申し訳ありませんでした.

Windows 7 以前のOS から移行される場合,Windows 8 から,デバイスドライバの仕様が変わっており,お手持ちの RS-232Cコンバータが対応していない場合があります.
Windows 10で使用可能な USB-RS-232c を使用すれば,paperChart は正しく動作します.

もし,Windows 10で動作しない場合がありましたら,使用している RS-232C コンバータの型番を含めて,管理人まで教えていただけると幸いです.
可能な限り,対応させていただきます.

2月 022015
 

paperChartでは,シリアルポート(COM)が必要です.

生体情報モニターに対して最低一つ,
シリンジポンプのデータを取得するにはシリンジポンプの数(最大5台まで),
BISやビジレオ,ビジランスなどの器械を加えると最低4ポート程度必要となります.

今デスクトップでも複数のシリアルポートを持っているPCは減りました.
ノートでは特殊な機種以外,シリアルポートを持っていません.

多くのユーザは,USB-シリアル変換ケーブルを使用しておられると思います.
2~3年前に発売されていた廉価なケーブルのほとんどは,
Prolific社のPL2303という型番のLSIチップを搭載した製品でした.

この製品のドライバが Windows7まで(32bit版のみのものもあり)しか対応していないため
Windows8 以降では このUSB-シリアル変換ケーブル が使用できず,
paperChart が Windows8 以降で使用できないと勘違いされたユーザもおられたようです.

これらのケーブルは,Windows8以降のドライバが提供されていませんので,
新しく発売されたWindows8/8.1対応のケーブルを使用することをお勧めします.

IOデータ USB-RSAQ6,Buffalo BSUSRC06,ラトックシステム REX-USB60F は
Windows 8.1(32bit/64bit)に対応しているようです.

管理人のおすすめは,MOXAジャパン社の UPort2410 という製品です.
URLは,http://japan.moxa.com/product/UPort_2410.htm

MOXA社は,さまざまな計測機器用インターフェースを作成しています.
上記製品は,1USBポートで4つのシリアルインターフェースを持っています.
これ以外にも 1,2,4,8,16 など多くのCOMポートを有するコンバータが発売されています.

USBに接続するのではなく,COMポートをネットワーク経由でPCと接続する製品もあります.
こちらは電源とネットワーク環境が必要ですが,ネットワークがつながる範囲であれば
建物内どこにあっても,機器を接続することが可能です.

10月 282011
 

paperChart のサポートする接続可能機器リストには,日本光電製生体情報モニター BSM-9101 が入っていませんが,BSM-9101 も使用することが出来ます.

BSM-9101 で,接続に特種なケーブルが必要です.BSS9800,BSM5100とは異なります.
型番は「シリアルインターフェイスケーブル232C QF-910P」で,市販していないため,日本光電の担当者から入手する必要があります.定価は¥90,000だそうです.
接続する予定がある方は,モニター購入時に一括して購入した方が,入手しやすいと(価格的にも)思います.